FC2ブログ

月別アーカイブ

FC2カウンター

REPUBLIQUE広場


リパブリック広場のパリ同時多発テロの献花台です。
街中は、いつものパリを感じさせ活気があり人が溢れてます。
パリの人達は、とにかく平常に暮らす事がテロに屈しない事という考えが強く、外出を控えると言うのではなく今まで通りの生活をしっかりと貫く事がテロへの抗議の様です。
ちなみにパリに入ってから聞いたら、前に2回程宿泊したホテルがあったのですが、あの銃撃のあったレストランが目の前で、背筋が凍る思いです。
約130人の方が亡くなっておりこんな悲しい出来事が二度とない様に祈るしかありません。
私達に出来る事、それはファッションを通じ喜び、楽しみ、それを一人でも多くの方々に味って頂くための努力を惜しまず、皆さんの笑顔に出会う為に頑張って行きます。
世界が平和でありますように!
スポンサーサイト



COMME des GARCONS







花柄のジャガード織りの素材を  繋ぎ合わせて鎧いの様に作り上げ てあり、とにかくコムデギャルソンのコレクションには、驚き!衝撃!で毎回 圧倒されてしまいます。

寒いパリです!


パリに着いて何故か一週間もいるみたいに忙しくしてます!テロの件でスケジュールを短くしたせいかも知れません!
二日分の仕事を一日でしているから?でしょう。


今回もいろいろな方に出会って沢山学ぶ事教えられた事が有ります!
最先端のファッションを扱い、その仕事をしているけれど、大切なものは、変わらず
心と心。
more...

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS

コレクショのインビテーションが今までと違い数学的な事が書いてあり何を意味する物かと思ったのですが、ショーが始まり なるほどと思うほど計算された立体的なパターンが作られボンディング素材を全ての商品で使用してましたが、着れない洋服ではなく日常でも着れる、程よくバランスが感じられました。



YOHJI YAMAMOTO

パリの街を一望できるシャイヨ宮と言う大型の展示会場で行われたコレクションは、いつもの洋服からメッセージを強く伝えるオブジェ的な商品は出てこなかったが ヨウジの得意とする布のカッティングをしっかりと見た感じがします!
ショーのフィナーレには、英語の文字を手書きでプリントしたものが唯一のメッセージでした。

ISSEY MIYAKE

素材の開発に力を入れるブランドで今回は、プリーツに特化したと言って良い程プリーツのコレクションでした!
今までのプリーツより柔らかく軽やかな印象を与えものでした!
シルエットも今までの縦のプリーツと言う印象から、あらゆる方向のプリーツが一枚の布になりシルエットを作り出すものでイッセイのプリーツのさらなる進化を見た感じです!

2016AW パリコレクション スタート

いよいよ、今日からパリコレのスタートです。
パリ同時多発テロの影響で街中の雰囲気など気になりましたが  飛行機も満席で団体の観光の方、学生の卒業旅行の方、などで以前と変わらない雰囲気で安心しました。街中は、夜の到着でしたが人も多く以前と変わらない賑やかなパリの雰囲気を感じてます!
初日は、トラノイのショールーム、イッセイのショー、ヨウジのショーを見る予定です。