FC2ブログ

月別アーカイブ

FC2カウンター

パリ 初日

パリの初日はショーを3件とショールームを3件回り、その合間で話題のショップや新しくオープンしたショップなどへも行って来ました!



































まず1軒目はJunya Watanabeのショーから。
顔にまでタトゥーが入った、なんともコワモテの悪そう~~なモデル達が肩で風を切り。
不気味な雰囲気を醸し出しつつランウェイを闊歩する。
そんな、今迄のジュンヤとはひと味違ったコレクションでした!
アイテムはテイラードに加えライダース、スカジャン、オールインワンなど、従来のワークテイストに様々なワイルドさを感じるディテールをミックスした正に”男”を感じさせるコレクションでした!






















そしてMaison Margielaへ。
会場へは世界各国からのゲストが大集結。













隣には、あのニック氏がサンローランのジャケットを着て!!!
めちゃくちカッコいいおじ様です!


























今回も様々なテーマが盛り込まれたコレクションでした。
中でもビスポークのディテールを再構築して見せたスタイルがとても印象的なコレクションでした!


















次はCOMEdesGarcons Plus へ
正方形の会場の真ん中にスポットライトが、、、
なんとも言えないコムデギャルソンを感じる厳格な雰囲気がそこにはあります。






















ファッション界のトップを走り続ける川久保玲の注目度はいつの時代も変わりませんね。
各国の著名なエディターやバイヤーが勢揃いする中、ひょっこり現れたのは今や世界中で大活躍のフォトグラファー
レスリー氏!






































透明のビニールの覆われてジャケット。
ビニールが縫い合わされたアイテムの数々。
そこにプリントさらたメッセージ。
The King Is Naked.
It’s my fashion.
裸の王様ですね。
いつも見る者全てにファッションとは何か?を投げかけ、政治、経済、平和、思想や哲学、、、きっとコムデギャルソンはファッションを通して常に現在の意思を示し、何らかのメッセージを送り続けているような。。。
自分にとっても常に宿題を与えられているような気持ちにさせられるコレクションです。





















visvim
今回のピッティウォモの招待デザイナーのして初のランウェイショーを行ったvisvim。
ショーの反応も世界中からの賞賛で大成功だったようですね!
本当に素晴らしいショーでした。